仕事

『ゲーム的リアリズムの誕生』(東浩紀)韓国語版の発行予定告知。

東浩紀さんの著書『ゲーム的リアリズムの誕生』の韓国語版が韓国の出版社ヒョンシルムンファヨング(現実文化研究)から2012年5月1日発行予定です。今月中にオンライン書店などで予約販売が始まるそうです。 @hazuma mirugi_jp 2012年4月15日 - 15:50『ゲー…

『2007-2008 マンガ論争勃発』。

…すでに続編が出たので完全に「今更」をも超えてしまってますけど、『2007-2008 マンガ論争勃発』という本にインタビューが載りました。2007-2008 マンガ論争勃発作者: 永山薫,昼間たかし出版社/メーカー: マイクロマガジン社発売日: 2007/12/21メディア: 単…

「ひらけ!メディア 日・韓メディア芸術の現在2007」。

2007年11月4日(日曜日)と5日(月曜日)に、東京工芸大学中野キャンパスで開かれる展覧会「ひらけ!メディア 日・韓メディア芸術の現在2007」で行われる講演とシンポジウムに参加します。 講演は「日韓マンガの現在」というタイトルで、日本のマンガ家木ノ…

「ユリイカ」2007年10月号。

「ユリイカ2007年10月号 北欧神話の世界」に寄稿しました。「韓国文化における北欧神話」というタイトルですが、編集部で「『ラグナロクオンライン』 から 『ああっ女神さまっ』 まで」という副題を付けました。内容は、『ラグナロクオンライン』とその原作…

日本マンガ学会シンポジウム。

2007年6月17日(日曜日)に京都国際マンガミュージアムで開かれる日本マンガ学会第7回大会のシンポジウムで発表致します。「世界の日本マンガ事情 −アメリカ、ヨーロッパ、東アジア−」というシンポジウムで、私は東アジアのパートになります。発表内容は勿…

読売新聞コラム連載6、7回目。

またしても告知が遅れてしまいました。2007年1月27日、3月31日の読売新聞土曜夕刊「コラム招待席:ウィークエンド文化」にコラムの6回目と7回目が載せられました。(7回目はまだ未確認ですが。) これで一年間続いたこの連載は終了です。何年か前にも同じ読…

読売新聞コラム連載5回目。

告知が遅れてしまいましたが、先週の土曜日、11月25日の読売新聞土曜夕刊「コラム招待席:ウィークエンド文化」にコラムの5回目が載せられたはずです。今回のテーマは前回の音楽市場に続き、劇的にオンライン(特にインターネット)にシフトしていく韓国の文…

東京での講演終了。

昨日、まず1回目の講演を終えました。日本語での講演というのは初めての経験で、しかも私にとって日本語で「話す」ことは「読む」「書く」「聞く」のよりまだまだ慣れていないということもあり、とにかく色々と難しかったです。私は日本で居住したことがな…

韓流ドラマ『雪の女王』の漫画について。

本日、って今ちょうど横のテレビで放映中ですけど、2006年11月13日KBS2 TVで放映が始まった韓国ドラマ『雪の女王』。●ドラマ『雪の女王』KBS公式ページ(韓国語)●ドラマ『雪の女王』公式ページ(韓国語)その『雪の女王』の漫画が、私がやっている会社の協…

東京、横浜で講演。

2006年11月16日東京六本木の国際交流基金で、そして2006年11月19日パシフィコ横浜で講演をやります。19日の横浜講演は無料で誰でも入場出来るので、ご興味を持たれた方は気軽に参加してください。詳細は下記のページにあります。 http://www.jpf.go.jp/j/jfi…

「遠近」13号。

2006年10月1日、隔月刊雑誌「遠近」13号(発行:国際交流基金、発売:山川出版社)に寄稿しました。本をまだ見てないのでよく分かりませんが、アニメが特集みたいで色々と面白そうな記事があるようです。私は知られざる日韓合作プロジェクトについて書きました…

読売新聞コラム連載4回目。

本日、読売新聞土曜夕刊「コラム招待席:ウィークエンド文化」にコラムの4回目が載せられたはずです。今回のテーマは韓国の音楽市場。専門外に見えるかも知れませんが、オンラインや携帯機器を中心にしている最近の音楽・放送市場は漫画と必ずしも遠くはあり…

読売新聞コラム連載3回目。

遅くなりましたが一応告知です。2006年5月から書いている読売新聞土曜夕刊「コラム招待席:ウィークエンド文化」のコラムの3回目が、今日載せられたはずです。(まだ未確認。多分私には来週頃届きます。) 今回のテーマは、インターネットに連載される所謂「…

「コミックファウスト」

同じ2006年6月24日、「コミックファウスト」(発行・講談社)という本に、いつもの内容(韓国大衆文化事情)と日本漫画の中の韓国、みたいなテーマで寄稿しました。もともと6月15日発売予定だったのに、延期されて上記の読売新聞と同時の発売になりました。

読売新聞コラム連載2回目。

2006年5月27日の1回目の後、今月に2回目のコラムが明日、2006年6月24日の読売新聞の土曜夕刊文化面の「コラム招待席:ウィークエンド文化」に載せられます。今回はSICAFでの日本人クリエーターや日本作品の話。次回は8月26日に3回目です。

読売新聞コラム連載開始。

もう今日ですね。2006年5月27日から、読売新聞の土曜夕刊文化面で月1回コラムを書きます。正確には3人の筆者が2人ずつ回す形のコラムなんで、2ヶ月連載して1ヶ月休むというペースでの連載ですが。なので次回は6月24日ですが、その次7月は休んで8月26日にまた…

「KINO Vol.01」

遅すぎですが、先月に出た「KINO Vol.01」(発行・京都精華大学情報館、発売・河出書房新社、2006.04.30)という本に、韓国のヒット漫画の事情について書きました。